仲介手数料無料の秘密 ~よくあるご質問~

費用について

仲介手数料無料と書いてるけど、本当?なぜそんなことが出来るの?

あまり知られていませんが、不動産仲介会社が新築物件などを販売した場合、売主(多くはハウスメーカー)から販売手数料を頂く事が多いです。つまり、仲介会社は売主と買主の両方から手数料を頂く事ができます。

 

しかし弊社では、買主からは手数料を頂かず、売主からの手数料だけを頂いております。理由としては、

 

・売主からの手数料だけでも十分な金額になる事

・買主からの手数料を無料にすることによって、お客様の数が増える事

 

があります。つまり、弊社にとっては、手数料を無料にすることにより、1件当たりの手数料は半分になってしまうものの、それ以上にお客様の数が増えるので、トータルで見ると手数料収入が増えるのです。つまり、弊社にもメリットがあるので行っている施策となります。

 

これまでは、売主と買主の両方から手数料を貰う会社が多かったのですが、最近では弊社の様に買主からは貰わない、という会社も増えてきています。お客様にとっては選択肢が増えるので、良い流れになってきていると思います。

 

↓漫画で詳しく解説しておりますので、見てみてください!

仲介手数料無料の秘密
不動産購入時の諸費用はどのくらいかかりますか?

家を買う時には、建物や土地本体の価格の他にも、色々な諸費用がかかります。しかもその額が結構大きいため、ここをしっかりと計算しておかないと、後で「思ったよりお金がかかった」となってしまいます。

 

一般的に、必ずかかる諸費用としては、所有権移転登記や抵当権設定登記などの登記関連費用、印紙税や登録免許税等の税金などに加え、ローンを利用する場合の事務手数料、保証料、火災保険料などがあります。また、中古物件などでは仲介手数料もかかります。


一般的に新築物件の場合は、物件価格の3~7%くらい、また中古物件の場合は、物件価格の6~10%くらいを目安とするとよいでしょう。ほかにも引越し代等も見込んでおく必要があります。

 

<諸費用の例>新築の一戸建て(2500万円・消費税込み)の場合

 

・登記関連費用・・・40万円

・印紙税   ・・・1万円

・火災保険  ・・・20~30万円

・ローン手数料・・・5万4千円

・ローン保証料・・・50万円

 

 合計       116万4千円~126万4千円

  

諸費用について